【杉浦重剛 帝王学「教育勅語00」導入】[YouTube]「教育勅語」は 明治天皇が維新以降、西洋文明と古来の日本文化の 混乱をまとめ上げるために「教育の大方針」として 制定 天皇自ら率先し、国民に範を示される 国民はその教えを実行するという趣旨

教育勅語は 明治天皇が維新以降、西洋文明と古来の日本文化の 混乱をまとめ上げるために「教育の大方針」として 明治二十三年(1890年)に制定されました。
天皇自ら率先し、国民に範を示され 国民はその教えを実行するという趣旨で書かれています。
杉浦重剛氏が、その背景を昭和天皇に御進講された内容を順次ご紹介してゆきます。

今日は全文を読み上げさせていただきます

朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ敎育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博󠄁愛衆ニ及󠄁ホシ學ヲ修メ業ヲ習󠄁ヒ以テ智能ヲ啓󠄁發シ德器󠄁ヲ成就シ進󠄁テ公󠄁益󠄁ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵󠄁ヒ一旦緩󠄁急󠄁アレハ義勇󠄁公󠄁ニ奉シ以テ天壤無窮󠄁ノ皇運󠄁ヲ扶翼󠄂スヘシ是ノ如キハ獨リ朕󠄁カ忠良ノ臣民タルノミナラス又󠄂以テ爾祖󠄁先ノ遺󠄁風ヲ顯彰スルニ足ラン斯ノ道󠄁ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺󠄁訓ニシテ子孫臣民ノ俱ニ遵󠄁守スヘキ所󠄁之ヲ古今ニ通󠄁シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕󠄁爾臣民ト俱ニ拳󠄁々服󠄁膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶󠄂幾󠄁フ 明治二十三年十月三十日睦仁

人生100年大人の学び

武家政治から、朝廷政治という再転換は、700年かかっている。明治政府は、日本古来の皇室の基本に立ち返り、列強の中で生き抜いて行ける国を作ろうと、教育に重点を置いた。その大方針が「教育勅語」である。私も、最近まで読んでいなかったが、日本人に合わせた「徳育」と「学び」を勧めている。天皇自らが率先するところが、他国に例を見ない。

Choice

アーカイブ

2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031