【メンタリストDaigo】N国党の戦略解析が秀逸。メディア戦略を持つ人の解析だから【Trump Tweet 190815】習近平との対応に自信 中国5000年、甘く見れないと思うが

【メンタリストDaigo】
N国党の戦略解析が秀逸。メディア戦略を持つ人の解析だから
N国党とメンタリストdaigoさんはYTを使ってのし上がった。
メンタリストdaigoさんは、心理学の外国文献を中心に時事問題の心理学的考察を広げて読者を120万人くらい集めている。解説の中に、歴史的な事例の引用も多く、よく勉強している人だと感心する。
彼が最近取り上げている「N国党」の戦略は秀逸である。
戦略とそれに従った行動を結びつけた解析、中味超濃いですよ。
ビジネスをしたことがない教授に高いお金を払ってビジネスの話を聴講するより、何倍も価値があると思いますよ。

若い人たちがこうやって学んでいるとすると、学ばない働き盛りの大人はすでに追い越されていることになる。
杞憂であればよいが。
まずは、どれでもいいから1つ見てください。

【Trump Tweet 190815】
習近平との対応に自信 
中国5000年 13億人 vs 米国300年 3億人
甘く見れないと思うが

[意訳]私は中国の習主席をよく知っている。彼は偉大な指導者で人民から尊敬を集めている。そして、タフなビジネスの話の好敵手だ。私は間違いなくわかる、彼が急いでしかも人道的に香港の問題を解決したがっていることを。それは今度の直接面談かもね[意訳ここまで]

中国を甘く見ることができないのは、山本七平氏の「田中角栄の時代」を読むとよく分かる。
米国(ニクソン政権)とまず国交を回復し、それに慌てた「田中内閣」は日中友好条約へ駆け込む。
当時の中国首相、周恩来は「田中角栄」を馬鹿にした詩文を謹呈する。
(日本はマスコミの上辺の報道に喜び、沸き返る、角栄バンザイ)
一方、米国の対中国戦略をかき回された米国は、報復行動に出る。
そう、ロッキード事件である。
現代史は、こんな動きをするのだ。

人生100年の学びに、YTが入ってきて俄然面白くなってきました。
YTは、「時事問題」かつ「個とのつながり」に圧倒的な強みを持ちます。
ここでも、過去の学びの蓄積がキラリと光ります。

長文お読みいただきありがとうございます。
最後にお願いです。
これから、学ぶ人達の交流を広げる予定です。
無料の会員登録、よろしくお願いします。 会員登録はこちら → 【会員登録】

コメント

こちらから会員登録をするとコメントの記載が可能です→【会員登録】


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Choice

会員ログイン

アーカイブ

会員登録

無料会員