【帝王学「倫理」10「富士山」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]崇高で優美、そして東西南北どちらから見ても 変わらない美しさ 富士山は日本人の人間性の象徴でもある というお話

八面玲瓏(どこから見ても美しい)世界中で富士山の独壇場

清廉潔白で至誠が一貫している人は富士山の雪

高さではなく霊気が人の心を打つ

欧米人が、まず海から富士山を望んでその崇高な姿に驚嘆する

日の本の堅看板や富士の山

日本の自然が日本人を生み出した

人生100年大人の学び

杉浦重剛氏「倫理」は富士山の端麗、崇高、八面玲瓏を称え、日本人の精神性と風土とのつながりを説く。このような美しい山は、神国であるがゆえの気高さで、天皇家はそれを象徴するべく行動し、国民の規範となるべき。外国人も富士山には感動する。

Choice

アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031