【マエストロ小澤征爾の事件簿】というタイトルで、DVDとProjectorを駆使して1年前お話をしたことがある。YouTubeで再現してみると

なぜ事件かと言うと、2002年 New Year Concertで「美しき青きドナウ」が終わらない前に「ブラヴォー!」の声が出ていたから。YouTubeをよくご覧、お聞きください。

ベルリンフィルンとのGershwin Night(2003年)YouTube

有料番組もある。
https://www.medici.tv/en/concerts/seiji-ozawa-a-gershwin-night/

僕の音楽武者修行はYouTubeドキュメンタリーになっている!
前編しかないが

僕とボストン交響楽団 20年 1993年

小澤征爾の西洋音楽との格闘ドキュメンタリー「OZAWA]はYouTubeには上がっていない。
しかし、1年前にお話したことの最重要点「美しき青きドナウ」が終わらない前に「ブラヴォー!」の声が出ていたことはYouTubeでしっかりと確認できる。

私は、米国にでてもうすぐ25年目に入るが、小澤征爾氏の生き様は見習うところが多い。地元の人を大事にし、人を育て、「対立を進歩でお返しする」
人生100年時代、国際化の中で外国に身をおくことで学ぶ参考になった。

昨年のプレゼンを引っ張り出してみたら、このブログでもかなり再現できていることがわかって、時代の大きな変化を感じた。

最後にお願いです。会員登録、よろしくお願いします。
会員特典サービスも準備中です。

[参考]昨年の「プレゼン資料」

コメント

こちらから会員登録をするとコメントの記載が可能です→【会員登録】


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Choice

会員ログイン

アーカイブ

会員登録

無料会員