2020年 5月

  1. 【帝王学「倫理」第三十八講 「和魂漢才」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]平安時代、道真公の「和魂漢才」の思想は 大和精神をもって外国の文物を取り入れる 大正時代も同じ精神で「和魂洋才」で 世界の国々から学ぼう と言うお話しです

    • 文明の起源
  2. 【帝王学「倫理」第三十七講 「大義名分」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]何をやるにも、理由が明確で、正しければ 人々は納得して付いてきます その時に、人々の役割が明確であれば 国は繁栄します 日本皇室は、萬世一系、日本は興隆します

    • 文明の起源
  3. 【帝王学「倫理」第三十六講 「酒」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]酒は百薬の長、人との付き合いを潤滑にします しかし、国を滅ぼすような害もあります 例を挙げながら、ほどほどが大切 というお話しです

    • 文明の起源
  4. 【帝王学「倫理」第三十五講 「徳川家光」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]三代目将軍、家光の話です 昭和天皇が明治維新から三代目の天皇 ということで、力の入った講義です 優秀なブレーンを使いこなし キリスト教追放、鎖国など 国益、庶民の立場で考え実行する 徳川幕府は、安泰な時代を築きます

    • 文明の起源
  5. 【帝王学「倫理」第三十四講 「先神事後他事」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]日本の神は、先祖や偉人です 西洋のように、想像上の神ではありません 先祖を崇敬することで、現在の自分たちが 正しい道に進めるのです それが、大和精神で一貫しています

    • 文明の起源
  6. 【帝王学「倫理」第三十三講 「科學者」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]西欧の科学者たちの研究に対する熱心さと 理化学を応用する発明家たちの苦労と成果を例証して 理化学の分野は、急いで西欧から学ぶべきというお話 昭和天皇はのちに、理化学の研究も支援し 日本の研究レベルの基礎向上をはかり 現在のノーベル賞受賞につながる仕組みを築きました

    • 文明の起源
  7. 【帝王学「倫理」第三十二講 「五條御誓文」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]明治天皇が、十七歳のときに作成された。国を盛り立て、国民が平和に生活できる国にするための 五つの方針、これに伴って 天皇自らが「率先して行う」という別の文書も 同時に出されていたこともわかりました 日本人の精神がここにも見られます

    • 文明の起源
  8. 【帝王学「倫理」第三十一講 「蠶(かいこ)」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]日本にとって渡来技術である養蠶が 歴代天皇により奨励され 絹は大型輸出品になりました 蠶の特性を取り入れた技術 産業振興の流れ、帝王学としての蠶 絹のエピソード満載です

    • 文明の起源
  9. 【帝王学「倫理」第三十講 「孔子」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]紀元前五百年ころ、孔子の教えは生まれました その教えは、たくさんの人々に学ばれて、 礼と義を重んじる思想に生かされました 孔子の生まれた国の、現状を見ると 孔子の重要性はますます増してくるでしょう

    • 文明の起源
  10. 【帝王学「倫理」29 「源為朝」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]弓の達人として暴れ回った源為朝ですが、 智謀にも優れていました。 九州で父への親不孝に気がついてから 強いだけでなく、忠孝、義理人情にも厚い 立派な武将だったと言う話です

    • 文明の起源