文明の起源

ギリシャ、ローマを中心とした歴史を現在に生かす学びです。

文明の起源

芸術を味わう

芸術作品は人類の至宝 学んで味わうと至福の時になります。

芸術を味わう

現代史

一番大切な現代史をマナビ、今の人生に生かしましょう。

現代史

ハイテク

21世紀のハイテク情報を学び今の生活に反映させましょう。

ハイテク

マナビで熊本復興支援

熊本復興のお手伝いをしています。若者の活躍も応援してください。

マナビで熊本復興支援

人生100年時代の大人のための学びサイト。一緒にマナビましょう!!

今日のマナビ

全ては学んで現在に活かすことが大事。大人も、学ぶことが楽しく、役立つことであることを実感しましょう。

  1. 【人のいないサンフランシスコ】ドラレコ200604 アーカイブしました

    • Blog
  2. 【杉浦重剛 帝王学「教育勅語00」導入】[YouTube]「教育勅語」は 明治天皇が維新以降、西洋文明と古来の日本文化の 混乱をまとめ上げるために「教育の大方針」として 制定 天皇自ら率先し、国民に範を示される 国民はその教えを実行するという趣旨

    • 現代史
  3. 【帝王学「倫理」最終講 「勧善懲悪」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]「勧善懲悪」は孔子がみずから「春秋」でまとめました 善が栄え、悪は滅びるという事例を取り上げることで 道徳の世界の規範が、人々の、小説や演劇などまで広がり 世間常識の維持、向上にも貢献しました 明治以降、西洋の、真・善・美が流入して 日本人の感性にも変化が見られたときのお話です

    • 文明の起源
  4. 【帝王学「倫理」第四十三講 「抜本塞源」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]「抜本塞源」とは 「事物の根本を明確にして現実に適切に対応する」 ということです 人間が他の動物と比べて卓越しているのは 事物の本源を研究して洞察してその後で 適切な対応策をとることにある

    • 文明の起源
  5. 【帝王学「倫理」第四十二講 「光華明彩」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]「光華明彩」は日本書紀の言葉です 古事記の「修理固成」が日々の陰徳の積み重ねで それが表に出る時に「光華明彩」となり 周りを明るく照らし出します 大正天皇が「日鮮同視」の詔を出されたのは「光華明彩」と「修理固成」の実践からの言葉です

    • 文明の起源
  6. 【帝王学「倫理」第四十一講 「磁石」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]磁石がないと 広い海を航海できないのと同じように 個人では学問や道徳 国家としては政治や外交に 正しい道に進むための指針が必要で それを毎日着実に実行することが大切

    • 文明の起源
  7. 【帝王学「倫理」第四十講 「修理固成」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]国の経営は、先祖からの志を現在の状況に反映させて 国民が豊かに平和になれるように 天皇と心を合わせて築いてゆく 列強となった、今は、世界も日本の志で 世界もリードすべし

    • 文明の起源
  8. 【帝王学「倫理」第三十九講 「鐵」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]日本古来の鉄は、名刀を生みました 砂鉄原料でした 鉄鉱石による産業の鉄を量産して強い国家を作り 鉄の意思で国を引っ張ってください というお話しです

    • 文明の起源