【Sarah Brightman】私の中で点がつながった話

今日は私の誕生日。沢山の方にお祝いのメッセージを頂き、感謝にたえません。ありがとうございます。お礼に今日は音楽をお届けします。
私は、Sarah Brightmanのおかげで、人生が豊かになったと思っています。
理由は一言でいうと”Time to Say Goodbye”に魅了されたから。力強いきれいな声で、歌唱力は抜群。美人だし。メロディーのきれいな歌で、Sarahがとてつもなく上手い。そして、イタリアの盲目テノール歌手Andrea Bocelliとデュエットで歌っているものが、YouTubeに沢山残っている。若い頃からの、彼女の人生での変化を追うことができるのも、ファンになって良かったと思う要因です。

さて、1997年のTime to say Goodbye

こちらは、トスカナの野外コンサート

そう、Sarahのおかげで、ローマ帝国とつながってしまったわけ。
では、おまけにAndrea Bocelliの歌もお届けします。
RomeのコロセウムのAve Maria

さて、今年の3月13日には、San JoseのCity National Civicで、彼女のコンサートがあった。
テーマは最新のアルバム”Hymm”
途中休憩を挟んで、ゆうに2時間は歌ってくれましたね。
どれも「上手い」「きれい」飽きさせない。
とても良かった。でも彼女の公演スケジュールを見るとカリフォルニアだけで6箇所くらい回る(San Joseの次はSan Franciscoとか)すごく忙しい。

私はMozartが好きなのですが、彼は楽器、歌唱力の最大限を引き出す作曲家だから。そうすると、現代では”Cats”とか”オペラ座の怪人”を作曲している Andrew Lloyd Weberが現代のMozartと考えられる。
するとなんとSarahとWeberは1984-90まで、結婚していたのである!
Andrew Weberは、Sarahがいたから、オペラ座の怪人が作れた(とMozartのようなこと)を言っている。


画像はやや難があるが1997年のSarahの”Phantom of the Opera”

今でも、”Time to Say Goodbye”は欧州では多く歌われている。
審査員が涙したというYouTubeも上がっている。

このYouTubeのアクセスはもうすぐ1000万である。

私も、この歌が歌いたくて、イタリア語の勉強をしたし、2016年にはトスカナにAgritourismoにも参加できた。
全てはつながっていることを見つけ出せるのは、幸せなことだと思う。

最近彼女は「宇宙から歌いたい」と宇宙船からのライブも考えているらしい。
そう言えば写真も、宇宙人的に見える、楽しみである。

コメント

こちらから会員登録をするとコメントの記載が可能です→【会員登録】


    • SekiRyotaro

    八木さん、すばらしい情報をありがとうございます、ひとつひとつのYoutubeをみて音楽という芸術は、人類共通なのだと思いました。そして、それを聞く人たちにとって、受け取り方もすべて違うわけですが、その中で、それぞれが感じたことを話し合うことで、新しい「発見」を見いだせれば面白いと思いました。それはマナビにつながるのかな!って思いました!

      • yagihiroshi

      ありがとうございます、関さん。
      3月に、初めてSan Joseで彼女のコンサートに行って、改めて歌唱力の素晴らしさを堪能しました。
      関さんも、ファンになってくださいね。

        • SekiRyotaro

        八木さん、コメントありがとうございます。コンサート、いいですねー。生の声は、すばらしかったんでしょうね!

      • yagihiroshi

      はい、大人のマナビは答えは人それぞれだと思います。
      次のステップに踏み出す、きっかけになればと思っています。

    • ykawase

    サラブライトマンは来週日本ですね。4/23,24 横浜アリーナ。

    • ykawase

    八木さん、知ってました? サラブライトマンが NHKの「坂の上の雲」のテーマ曲を日本語で歌っています。
    https://www.youtube.com/watch?v=tqm116GirOk
    番組もよかったですよ。
    秋山兄 阿部寛、 秋山弟 モッ君、 正岡子規 香川照之

      • SekiRyotaro

      ykawaseさん、こんにちは!
      坂の上の雲のエンディングの歌、サラブライトマンだったのですね。NHKのドラマをみて、その後、流れるエンディングで感動しました。情報、ありがとうございます。
      坂の上の雲、「まことに小さな国が開化期を迎えようとしている。」で始まる一説ですよね。日露戦争までの日本は、本当にInnovativeな人たちがたくさんいた時代だったんだなと思います。
      https://www.youtube.com/watch?v=sqhCtr15FQE

      • yagihiroshi

      ありがとうございます、知りませんでした。
      結構、NHKとは長いおつきあいのようで、昨年の紅白にも出たとか。

      坂の上の雲、私もこの本を抱えて米国に渡りましたが、今では別の考えになりました。
      (松山の秋山兄弟記念館は行きましたが、坂の上の雲ミュジアムは行かなかったです)

      松山は、大好きな街なのでまた行きたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Choice

会員ログイン

アーカイブ

会員登録

無料会員