【帝王学「倫理」07「刀」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]「武士道精神」を発揮するために、刀鍛冶でも名工は 心を込めて名刀を作った このような背景があるので刀は切れ味が良くて、 折れにくく美しいものになりました

平安以後武士が出て「武士道精神」が生まれた

武士は「ふさわしい刀」を求めた

刀工は「武士道精神」を踏まえて刀を作った

日本刀は「鋭利」で「硬く」「粘り」がある

幕末、明治には多数外国に買われた

刀を鍛えることは人間を鍛えること

現在の西欧の文明の中、刀技術が途絶えてゆくことはある意味心配ではある

人生100年大人の学び

武士が「武士道精神」を持って出現し、ふさわしい刀を作らせることで、日本刀ができた。刀鍛冶も「武士道精神」を理解して作った。杉浦重剛氏の言わんとする「真の精神」が伝搬するということは大切は民族価値観だ。改めて「倫理」の帝王学の部分を認識できた。

Choice

アーカイブ

2022年7月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031