【鈴木一家の55話 Part6】第三十一話〜第三十五話です。

人生100年時代のマナビは、誰もが課題の当事者という立場をとります。
私に関係ない、という事柄など、起こりえません。
Steve Jobsは、何で学んだのかわからない「篆刻」授業に潜り込んで、10年後のMcKintoshに「篆刻」を持ち込みます。
それが、Fontという形をとって。
もう一度、2005年の彼のStanfordでの講演を聞いてみようではありませんか

第31話 あの子を探して

第32話 3次元の目

第33話 駆り立てるもの

第34話 以心伝心!?

第35話 隠された決断

コメント

こちらから会員登録をするとコメントの記載が可能です→【会員登録】


  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

Choice

会員ログイン

アーカイブ

会員登録

無料会員