【帝王学「倫理」05「神社」】杉浦重剛著 「倫理」より[YouTube]日本の神社は、過去に偉業のあった 天皇・人々を神々として祭っている 仏教とキリスト教の信者は未来の幸福を求めて信仰する、すなわち「神社」は先祖を敬うことだというお話し

日本の神社は祖先への敬い

天皇や忠孝の士を祭る

祭(まつり)と政(まつりごと)は同じ

その歴史の流れが日本人

人生100年大人の学び

杉浦重剛氏は日本は、生きていた祖先を敬う、それを「神社」にお祭りすると言われた。大家族主義ということになる。戦前の人たちは昭和天皇は「現人神」で戦後「人間宣言」をされたのだ、という言い方をしている。私には、天皇は地上に遣わされた「人」であるという理解が、納得できる

Kumamoto Choice

会員ログイン

[swpm_login_form]

アーカイブ