現代史

一番大切な現代史をマナビ、今の人生に生かしましょう。

並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順
    • 現代史Blog

    【昭和天皇の学ばれた「教育勅語」】 杉浦重剛著 所功編 勉誠出版

    この本は、科学で構成されている。論理的で、事実の検証をもとに書かれている。明治天皇が、徳川幕府から日本という国を引き…

    • 現代史Blog

    【平成はなぜ失敗したのか】野口悠紀雄著 「失われた30年」の分析

    日本政府やメディアや経済界からは出てこない事実とロジックで検証した著作シリコンバレーで研究した実績もあり、そこから数…

    • 現代史Blog

    【現代を見る歴史】堺屋太一著

    読了1987年の著述目次を抜粋すると米ソ対立とペロポネソス戦争20世紀の「ローマ帝国」アメリカ「弱兵の経済大国」宋王朝と次…

    • 現代史Blog

    【ヒトラー権力掌握の20ヶ月】グイド・クノップ著 高木玲訳 中央公論新社

    誰もがその男を過小評価し、「より小さな悪に違いない」とみなした。 1933年初頭から1934年夏にかけっての、扇動者による電光…

    • 現代史Blog

    【一年有半・続一年有半】中江兆民著

    1901年4月、中江兆民は喉頭がんを宣言される。そしてリスクの大きい手術は避け、あと1年半と宣言された。残された時間で、当…

    • 現代史Blog

    【戦後史の解放I歴史認識とは何か:日露戦争からアジア太平洋戦争まで (新潮選…

    戦後の日本が、自主独立を確立するまでの歩みをまとめた著作。吉田茂という、WWI後のベルサイユ条約締結に出席した首相、そし…

    • 現代史Blog

    【日本のいちばん長い日】モノクロ 1967年東宝製作

    日本の終戦日前夜からの、近衛兵反乱の切ない話。どうして、天皇の意向を確かめずに「思い込み」で動き出すのか、その心理の…

    • 現代史Blog

    【官僚の掟】競争なき「特権階級」の実態  佐藤優著 2018年刊

    【官僚の掟】競争なき「特権階級」の実態 佐藤優著 2018年刊佐藤さんの著作で、最後まで読み切ったのはこれが最初の本であ…

    • 現代史Blog

    【昭和陸海軍の失敗】座談会 文藝春秋

    昭和史のスペシャリストたちの座談会。陸軍と海軍それぞれの、歴史的な動きを追う中で何があの破滅的な戦争に、日本を引き込…

Choice

会員ログイン

アーカイブ

会員登録

無料会員